絵 画 富川 信介
出品者一覧へ戻る

     朱鞠内湖(しゅまりないこ)は、北海道最北にある湖(人造湖)ですが、湛水に伴い入り組んだ複雑な湖岸や大小の島が誕生し、
     周囲の森林とも相俟って、さながら天然の湖の様相を見せます。
     1974年に
湖周辺は朱鞠内道立自然公園に指定されました。カヌーやボート、釣りをする人の姿もみられ、
     「幻の魚」とされるイトウもまれに釣れ、冬期間はワカサギ釣りでも賑わいを見せています。
     『朱鞠内』はアイヌ語の
suma-ri-nay 朱鞠内[医師・高くある・河(川谷)]とする説があります。
     内陸で標高も高く(湖面標高282m)盆地状で、緯度も高いため、北海道内でも特に寒冷な地域として有名であり、
     条件が良ければ冬季にはダイヤモンドダストも観測できます。          出展ウィキペディア(
Wikipedia)一部略  

 写真をクリックしてください 

1 新緑 (春) 2 薄暑 (夏) 3 秋霞 (秋) 4 払暁 (冬)























2017.10.16 作成 長尾